消費者金融

初心者でも借りやすい?使いやすい消費者金融を選ぼう!

MENU

債務整理で完済を目指す

債務整理は、借金を返済していくための手段です。
弁護士や司法書士、裁判所に間に立ってもらい、消費者金融と協議して返済金額を減らしてもらい、約3年から5年で完済できるようするための救済措置なのです。

 

債務整理を行なうと、ブラック状態になるため、しり込みする方もいるかもしれません。
しかし、一人で誰にも相談できずに莫大な借金を抱えて苦悩するよりは、多少のペナルティを受けたとしても返済していける環境を整えて、完済を目指すことをおすすめします。

 

任意整理の特徴

任意整理は、弁護士や司法書士を通して消費者金融と交渉する方法です。
手数料はかかりますが、難しい作業は全て専門家が行なってくれます。

 

削減できるのは利息分だけですが、利息が完全になくなるだけでも、負担は大分軽減されるでしょう。
返済期間は原則3年となっており、それまでに借金を完済しなくてはなりません。

 

しかし、金融会社が交渉に応じないと、任意整理は成立しません。
ブラック情報の登録期間は約5年となっており、その間の借り入れはほぼ不可能となります。

 

個人再生の特徴

個人再生は、裁判所に今のままでは返済不可能と認めてもらう必要があります。
裁判所の介入が必要なため、手続きは任意整理よりも難しくなりますが、認めてもらえると返済金額は約5分の1まで減らすことができ、約3年から5年という期間内で完済を目指します。

 

また、自己破産と違い、条件を満たせば資産を手放す必要がありません。
ブラック情報の登録期間は5年となっており、個人情報が「官報」という機関紙に掲載されます。

 

債務整理に関するブラック情報はいつから発生する?

新規の借り入れができなくなってしまうブラック情報は5年ほど記録されます。
登録期間が過ぎれば、また借り入れを行なうことが可能になります。

 

しかし、ここで気になるのは、ブラック情報はいつの時点から登録されるのかということです。
債務整理の場合は、弁護士や司法書士から受任通知が届いたときから発生します。

 

そこから、最低5年間は借り入れが行なえなくなります。

 

ブラック情報が解消されたかはどうしたら分かる?

ブラック情報は、登録期日がすぎればすぐに解消されるわけではありません。
場合によっては、期日がきても解消されていないケースが少なからずあります。

 

そのため、自分の信用情報を開示してもらい、消されているか確認する必要があります。
もし残っていた場合は、登録期間が確実に終わっているという証拠などを用意して、ブラック情報を消してもらいたいと伝えましょう。