消費者金融

初心者でも借りやすい?使いやすい消費者金融を選ぼう!

MENU

自己破産は人生を立て直すためのもの

自己破産は、裁判所で返済能力が完全にないことを認めてもらい、資産を没収されるのと引き換えに借金を免除してもらう方法です。

 

全てを失ってしまうかのようなイメージをもたれている方は少なくありませんが、これも人生を立て直すための手段であり、生活に必要最低限の物は残してもらえます。

 

自己破産を利用できる条件

自己破産は借金を完全になくすためのものですが、少しでも返済能力があると借金は免除されません。
また、自己破産を安易に繰り返さないように、過去7年以内に免責を受けていないことが条件となっています。

 

しかし、きちんとした事情があればそれを考慮して、免除してもらえる可能性はあります。

 

自己破産の特徴

裁判所から返済能力がないことが認められる必要があり、主要な財産は全て没収されてしまいますが、借金は完全になくなります。
手続き中は、一部の資格が制限されるため、それに伴う職業に就くことができなくなります。

 

また、手続きが滞らないよう海外への渡航が制限されます。
ブラック情報が登録される期間は約5年から10年となっており、その間は借り入れは行なえません。

 

また、官報という機関紙に個人情報が掲載されます。
自己破産成立後は、資格や海外渡航の制限が解かれます。

 

利用条件を満たしていても自己破産が認められない場合

自己破産の利用条件を満たして手続きしても、それが認められないケースがあります。
そのひとつが、「ギャンブルや過度の浪費で借金をした」場合です。

 

どの金融機関でも、ギャンブルや浪費目的で借り入れを利用することは禁止しています。
その禁止事項を破り、本来使用してはならない目的のための借金は、返済能力なくても免責対象とはなりません。

 

また、これに加えて、最近では、課金制のゲームに対して利用された借金も自己破産が認められなくなりました
もうひとつの理由は、財産を隠して返済能力がないと偽っていた場合です。

 

返済能力がある場合、返済できる債務整理での手続きを行なわなければなりません。
しかし、しっかりとした理由がある場合は裁判官次第で免責を認めてくれることもあるようです。

 

自己破産はあくまで最終手段である

借金が完全に無くなり、負担は大幅に解消されますが、今まで持っていた資産の大部分が無くなるなどペナルティも多いので、本当にどうしようもなくなったときの最終手段であると考えましょう。

 

自己破産で借金を免責された場合、必ず自己分析を行って自己破産に至ってしまった原因を調べ、お金の使い方を見直して改善するよう努め、同じ問題を繰り返さないように注意しましょう。