消費者金融

初心者でも借りやすい?使いやすい消費者金融を選ぼう!

MENU

失敗を減らす返済の仕方

消費者金融を利用するのであれば、必ず考えなくてはならないのが返済です。
審査においても、返済能力の有無は非常に大きな要素となります。

 

返済能力は、安定した収入、現在の借入履歴、属性から読み取れる大まかな支出、勤務情報などから判断されます。
その結果において、返済能力が低いと判断されると、審査に落ちてしまいます。

 

審査に通れたとしても、返済能力があればいいだけでなく、きちんと返済していけるようにプランを立てて実行し続けていかなくてはなりません。
つまり、返済能力と返済プランは、消費者金融を利用するうえで必要不可欠なものなのです。

 

返済プランはしっかり立てる

計画性の無さは、返済に失敗する最大の原因です。
利用する金額、それに対してどれほどの期間でいくらずつ返していくのかという明確な指針がないと、余分な支払いをすることになり、経済的に圧迫されます。

 

また、そうなると返済すらできなくなり、返済の延滞で遅延損害金が発生、ブラック情報が記録される、限度額が引き下げられる、キャッシングが利用できなくなる、全額一括返済を求められるなど厳しい状況に立たされます。

 

そうならないように、返済プランはしっかりと立てておく必要があります。

 

確実性の高い返済方法を選ぶ

返済プランをしっかり立てても、返済に遅れたり、忘れてしまったりしては意味がありません。
返済方法は確実にしていけるものを選び、延滞しないようにするべきです。

 

最も確実性の高い返済方法は、口座振替などの返済日に自動で返済が行なわれる返済方法です。
口座に、返済に十分なお金が入っているかということに関して気を配る必要はありますが、ATMや銀行まで行く必要がないため、忙しい方には特に利便性の高い方法です。

 

会員サービスを活用する

消費者金融の会員サービスには、返済シミュレーション機能や個人情報の変更、借入履歴の閲覧、店舗検索機能など便利な機能が備わっています。
これらの機能の中でも、絶対に利用したいのが返済日お知らせメール機能です。

 

この機能は、返済日の数日前と当日に、返済日が近づいている、返済日が来たというメールを送ってくれます。
口座振替を利用できず、ATMや銀行振込で返済を行なっている方は、是非活用すべきサービスです。

 

返済日は給料日後の直近の日付で設定する

消費者金融によって返済日の設定方法が、違います。
設定された日付からひとつを選んだり、何日かごとに返済するというような設定方法であったり、利用者が自由に決められるなどさまざまな方法があります。

 

しかし、どのような設定方法であっても、返済日は必ず給料日後すぐの日付を選ぶということです。
返済日前にしてしまうと余裕がなくなり、返済もできない、生活も苦しいといった、状況に陥ることもあるかも知れませんが、給料日後すぐであれば、お金にも余裕があるので返済も楽にできます